大阪日台(日本・台湾)交流協会は、日本と台湾の交流を促進し、民間レベルでの両国の文化・歴史交流の架け橋を目指します。
【INDEX】>【日台交流協会とは】
contents
what's news
link site
PDFファイル
「大阪日台交流協会入会のお薦め・入会申込書」ダウンロード
〈大阪日台交流協会:A4版〉 〈入会申込書:A4版〉 〈大阪日台交流協会+入会申込書:A3版〉
上記のリンク先は[PDF]ファイルになっています。
お使いのブラウザに「Adobe Reader」がインストールされていない場合は
左の「Get Adobe Reader」ボタンをクリックしてインストールをしてください。
大阪日台交流協会
会長 野口 一

台湾、その昔、シャングリ・ラという桃源郷があったといわれていますが、2300万人が九州ほどの島に住み、人口稠密とはいえ、それだけに活力に満ちた現在の台湾は、新世紀にふさわしい桃源武陵を目指そうとしています。
自然、風土、民俗、社会、文化、歴史など、総合的に大観すれば、台湾は世界に二百近くある国のうちでも、ベスト15以内に入るのは明らかですが、これは新しい欧州連合25ヵ国を凌ぐ大国であることを示しています。それだけに風当たりも強いのでありますが、本来あるべき国家意志また大多数の国民意志とは異なり、今の日本の政府意志は、台湾問題に関する限り別の方向を向いたままであります。
こうした不自然は形を改め、私たち大阪日台交流協会が平成15年10月に表敬訪問申し上げ、その謦咳に接しました世界の哲人たる李登輝先生の早期の日本訪問を現実化しようと心がけていますなど、台湾のこと全般に関心が高まりますよう尽力していますが、その所以もまた、そのあたりにあるわけであります。
雪中送炭、まだまだ微力ではありますが、私たち大阪日台交流協会の目的また趣旨としますところは、文字通り日本台湾の交流を深めるところにありまして、これに共感また共鳴して下さる方の御参加を心より歓迎申し上げるものであります。奮って御参加下さい。
大阪日台交流協会 顧問
衆議院議員 西村真悟先生

我が日本は海洋国家であり、南大阪は、太古から海洋を通じてアジアに開かれた我が国の玄関である。海洋でつながるアジアは相互交流のなかから共存共栄の経済圏のみならず文明圏を形成していく歴史的潮流の中に存在し、我が国と一番近い海洋国家である台湾こそ、この共存共栄の文明圏建設の核となる国家同士である。従って、日本国民は、すぐ南の海洋に二千数百万の親日的な国民を要する台湾という海洋国家が存在することを天佑として台湾との相互交流をさらに密にする必要がある。そしてこのことは、再び厳しさを増す東アジア情勢のなかで、我が国の安泰を確保するこの国家戦略上の要請でもある。
この文明論的な意味においても、大阪において大阪日台交流協会が三年前に結成され、既に李登輝前台湾総統との交流を深めるなど、日台共栄の未来を切り開く活動を開始されてきた事は、まことに意義深いことであり、この際、さらに多くの海洋アジアの発展と日台交流の志をもつ諸兄姉のご参加を切望する次第である。
日本李登輝友の会常務理事
拓殖大学客員教授
文明史家 黄 文雄先生 

朝鮮戦争当時、トルーマン米大統領が台湾海峡防衛の決意をした際、「台湾は不沈空母20隻分の価値を持つ」と語った。現在中国は西太平洋進出を目的に、2010年までに空母二隻を保有することを目指しているが、もし台湾が中国の手に入れば、日本のシーレーンはどうなるのだろうか。
このように日台は一蓮托生なのである。もちろんそれは安保の面だけに限らない。戦前「歴史を共有」した両国は、政治、経済、社会、文化など、あらゆる面で価値観、理念を同じくしている。また日本の周辺諸国の中で、台湾は唯一の親日国であり、海洋アジアの盟友だ。日台米三国が提携すれば、アジアの平和は最低50年は維持できるとの分析もあるが、日台は疑いなく、お互い欠かすことのできないパートナーであり、生命線である。
しかしこうした事実は、なぜかまだ日本では充分に認識されていない。そうした中、日台関係強化のため、盛んに活動を展開するのが大阪日台交流協会だ。この会には台湾に対する強い「まごころ」が感じられる。それは日本人としての「誇り」からくるものなのだろう。そのため台湾人からも広く尊敬を集めている。これは対外交流のモデルケースでもあろう。
一人でも多くの方が、この会に参加されることを念願している。

copyright (c) SET.international inc. All rights reserved. Noreproduction or republication without written permission.
このサイトの提案内容を他の目的に使用すること、ならびに提案内容の一部または全部を転用することを禁止します。